メニュー

スギ・ヒノキ花粉情報

昨年(2017年)の気象は、東日本は天候が不順で、8月の日照時間が少なかったもの、7月は平均気温が高く、日射量が多かったことの影響をうけ、スギ・ヒノキの雄花の発育は良く、2018年春は、南関東でも「昨年よりかなり多い」花粉飛散が予想されます。飛散数予測は、都内で、約5、800個(前年比150%)と見込まれます。
昨年(2017年)関東全体での平均花粉飛散は例年の約0.6倍と少なったもの、都内(千代田区)の花粉数は3,948個と例年の0.9倍と、都心での花粉飛散は多い不思議な現象が起こりました。今春の都内で約5,800個という花粉予想数は、昨年の1.5倍になり、北関東では特に多く昨年の3倍をこえると予想される地域もあり、全体としては、「かなり花粉飛散の多い、手ごわい花粉シーズン」が来ると予想されます。

全国的に見ては、前年より多くなる見込みであり、東北南部から関東、東海にかけて花粉飛散量はかな多くなると予想されます。
これでの10年平均と比較しても、北陸で少なくなる地域があるもの、全国的に例年より多くなると予想されています。

pdf版を入手する

 

 

 

4月14日 スギ1.9個、ヒノキ花紛が再度増え、19.8個でした。(2019.04.15更新)

スギ1.9個、ヒノキ花粉19.8個、大部分は、その他の花粉51.2個でした。

減ってきていたヒノキ花粉が再度増加しました。ヒノキ花粉は例年遅くまで残ることの多い花粉です。

今後、一度天候が崩れますが、明日朝には天気は回復し、気温も20℃を越え、来週は暖かい日が続きます。もうしばらく、ヒノキ花粉に注意をして下さい。

 

今シーズンのヒノキ花粉飛散総数が1,017.4個と、1,000個を超えました。

昨年は、約30年の観測史上、最高のヒノキ花粉(3894.5個)が観測されました。

大量飛散の翌年は、木の勢いが弱り、花粉は減少すると分析されていましたが、既に昨年の26.1%と、例年平均を上回る多くのヒノキ花粉が飛散しています。

 

今年に入り、神奈川においては、ヒノキ花粉の発育が比較的良いことが報告されていました。

(現在、ヒノキ花粉の着花状況を正確に把握できるか機関は、全国を見てもほとんどないと言えます。)

今年の、ヒノキ花粉の予想外に多い飛散も、スギ林につづいてヒノキ林も、樹齢30年に入り、生産の最も高い時期に入ったことが影響しているからでしょうか?

 

今後、ヒノキ花粉症に対する対策もより重要になり、免疫療法(皮下、舌下免疫療法(SCIT,SLIT))においても、「ヒノキ治療用ワクチン」の開発が早急に実現することを切望します。

4-14-1 4-14-2

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME