メニュー

スギ・ヒノキ花粉情報

昨年(2017年)の気象は、東日本は天候が不順で、8月の日照時間が少なかったもの、7月は平均気温が高く、日射量が多かったことの影響をうけ、スギ・ヒノキの雄花の発育は良く、2018年春は、南関東でも「昨年よりかなり多い」花粉飛散が予想されます。飛散数予測は、都内で、約5、800個(前年比150%)と見込まれます。
昨年(2017年)関東全体での平均花粉飛散は例年の約0.6倍と少なったもの、都内(千代田区)の花粉数は3,948個と例年の0.9倍と、都心での花粉飛散は多い不思議な現象が起こりました。今春の都内で約5,800個という花粉予想数は、昨年の1.5倍になり、北関東では特に多く昨年の3倍をこえると予想される地域もあり、全体としては、「かなり花粉飛散の多い、手ごわい花粉シーズン」が来ると予想されます。

全国的に見ては、前年より多くなる見込みであり、東北南部から関東、東海にかけて花粉飛散量はかな多くなると予想されます。
これでの10年平均と比較しても、北陸で少なくなる地域があるもの、全国的に例年より多くなると予想されています。

pdf版を入手する

 

 

 

4月3日 朝晩は冷えこみが強く、スギ花粉は10.2個、ヒノキ花粉は6.8個でした。(2019.04.04更新)

スギ花粉10.2個、ヒノキ花粉6.8個、その他の花粉12.0個でした。

 朝晩は冷えこみが強く、まだまだ寒く、「花冷え」で桜も散らず、花粉も減少したままなのか、スギ花粉は10.2個、ヒノキ花粉は6.8個でした。

 

明日からは、日本列島上の寒気が北上し、気温が上がり始め、残りの花粉が飛ぶと予想されます。今後のスギ・ヒノキ花粉の飛散状況を分析することで、どのくらいのスギ・ヒノキ花粉が残っていて飛散してくるかを予想出来ると思いますが、多くの方にとって、大分症状が軽減してきているようです。

4-3-1 4-3-2

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME