メニュー

スギ・ヒノキ花粉情報

昨年(2017年)の気象は、東日本は天候が不順で、8月の日照時間が少なかったもの、7月は平均気温が高く、日射量が多かったことの影響をうけ、スギ・ヒノキの雄花の発育は良く、2018年春は、南関東でも「昨年よりかなり多い」花粉飛散が予想されます。飛散数予測は、都内で、約5、800個(前年比150%)と見込まれます。
昨年(2017年)関東全体での平均花粉飛散は例年の約0.6倍と少なったもの、都内(千代田区)の花粉数は3,948個と例年の0.9倍と、都心での花粉飛散は多い不思議な現象が起こりました。今春の都内で約5,800個という花粉予想数は、昨年の1.5倍になり、北関東では特に多く昨年の3倍をこえると予想される地域もあり、全体としては、「かなり花粉飛散の多い、手ごわい花粉シーズン」が来ると予想されます。

全国的に見ては、前年より多くなる見込みであり、東北南部から関東、東海にかけて花粉飛散量はかな多くなると予想されます。
これでの10年平均と比較しても、北陸で少なくなる地域があるもの、全国的に例年より多くなると予想されています。

pdf版を入手する

 

 

 

4月22日 スギ花粉は0個となり、ヒノキ花紛は依然として多く27.2個でした。(2019.04.23更新)

スギ0個、ヒノキ花粉27.2個、大部分は、その他の花粉194.1個でした。

 

スギ花粉は、晴れて気温も高くても0個となり、いよいよ飛散終了に向け、カウントダウンの状態です。ヒノキ花粉は依然として続いています。

そして、現在飛散しているのは、ほとんどが、その他の花粉(カバノキ科(大部分がシラカンバ)、ブナ科、ニレ科、マツ科、イチョウなど)と報告がありました。

これだけ多くのその他の花粉を、顕微鏡で識別してカウントするのは、至難の業で、また、ほんとに大変な労力と忍耐のいる作業です。

 

◆ダーラム法の測定とは?

○○個/㎠で表されますが、顕微鏡では、プレパラートが3.3㎠あるため、プレパラー分の3.3㎠をカウントし、1㎠当たりに割り算するという、作業をしています。

4-22-1 4-22-2

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME