メニュー

スギ・ヒノキ花粉情報

2020年の夏の気候は、梅雨明けが遅く7月末まで雨が多く気温も低く日射量が非常に少なく記録的な冷夏でしたが、その反面8初旬から記録的な猛暑となりましたが、今年(2021年)のスギ・ヒノキ花粉飛散はどうなるのでしょうか?

2021年花粉飛散予測◆(ダーラム法・都内)

飛散数

2021年は、東京都内で少なかった昨年より多い花粉が飛散すると予想されています。
前年の気象条件、樹勢、着花量より分析して、当測定地(品川)の昨年(2020年)の2,467個より増加して、最近10年平均の5,000個より少ないと分析されています。

東京都内(品川区)のスギ・ヒノキ総飛散量

飛散総数で約3,700個(3,000~4,500個)

東京都内(品川区)の飛散総数

スギ花粉3、200個、

ヒノキ花粉500個・

と予想しています。

飛散開始日

1月~2月の気候が例年並みかやや低めに確率が高いため、冬の低温にされされれば覚醒が早くなることも考慮すると、例年より早くなると予想され、例年通り2月10日すぎと予想されます。

(飛散開始日とは、1㎠に1個以上の花粉が連続観察された初日と定義されています。)

花粉症の日次コンテンツは下記よりご覧いただけます

※毎年年始過ぎより開始いたします。

4月22日 スギ花粉は0個となり、ヒノキ花紛は依然として多く27.2個でした。(2019.04.23更新)

スギ0個、ヒノキ花粉27.2個、大部分は、その他の花粉194.1個でした。

 

スギ花粉は、晴れて気温も高くても0個となり、いよいよ飛散終了に向け、カウントダウンの状態です。ヒノキ花粉は依然として続いています。

そして、現在飛散しているのは、ほとんどが、その他の花粉(カバノキ科(大部分がシラカンバ)、ブナ科、ニレ科、マツ科、イチョウなど)と報告がありました。

これだけ多くのその他の花粉を、顕微鏡で識別してカウントするのは、至難の業で、また、ほんとに大変な労力と忍耐のいる作業です。

 

◆ダーラム法の測定とは?

○○個/㎠で表されますが、顕微鏡では、プレパラートが3.3㎠あるため、プレパラー分の3.3㎠をカウントし、1㎠当たりに割り算するという、作業をしています。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME