メニュー

スギ・ヒノキ花粉情報

昨年(2017年)の気象は、東日本は天候が不順で、8月の日照時間が少なかったもの、7月は平均気温が高く、日射量が多かったことの影響をうけ、スギ・ヒノキの雄花の発育は良く、2018年春は、南関東でも「昨年よりかなり多い」花粉飛散が予想されます。飛散数予測は、都内で、約5、800個(前年比150%)と見込まれます。
昨年(2017年)関東全体での平均花粉飛散は例年の約0.6倍と少なったもの、都内(千代田区)の花粉数は3,948個と例年の0.9倍と、都心での花粉飛散は多い不思議な現象が起こりました。今春の都内で約5,800個という花粉予想数は、昨年の1.5倍になり、北関東では特に多く昨年の3倍をこえると予想される地域もあり、全体としては、「かなり花粉飛散の多い、手ごわい花粉シーズン」が来ると予想されます。

全国的に見ては、前年より多くなる見込みであり、東北南部から関東、東海にかけて花粉飛散量はかな多くなると予想されます。
これでの10年平均と比較しても、北陸で少なくなる地域があるもの、全国的に例年より多くなると予想されています。

pdf版を入手する

 

 

 

4月11日 雨も朝には上がりましたが、花粉は少なく、スギ4.3個、ヒノキ花粉5.2個でした。(2019.04.12更新)

天気は回復しましたが、予想外に花粉は少なく、スギ花粉4.3個、ヒノキ花粉5.2個、そして、4月に入ると、様々な草木の花粉が一気に増え始め、飛散する花粉の大部分は、その他の花粉で、24.1個でした。

 

花粉の自動測定器は、約30ミクロン(μ)の粒子状物質を測定しています。

環境省花粉観測システム【はなこさん】のリアルタイム・モニターでは、KH-3000という機械を使用しており、空気をポンプで人間の呼吸と同じくらいの量で吸い込み、これに、レーザー光を照射し、この散乱パターンより、スギ花粉と同じ位の粒子状物質をカウントしています。したがって、ヒノキや、他の草木の花粉も、一緒に測定してしまっています。やはり、最も正確な測定法は、この花粉情報で使用している、落下してきた花粉をプレパラートでとらえ、染色して顕微鏡で観察するダーラム法と言えます。

(環境省 花粉自動測定システム 『はなこさん』

(システムの概要:http://kafun.taiki.go.jp/System.html

(花粉ライブラリ:http://kafun.taiki.go.jp/library.html

4-11-1 4-11-2

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME