メニュー

スギ・ヒノキ花粉情報

昨年(2017年)の気象は、東日本は天候が不順で、8月の日照時間が少なかったもの、7月は平均気温が高く、日射量が多かったことの影響をうけ、スギ・ヒノキの雄花の発育は良く、2018年春は、南関東でも「昨年よりかなり多い」花粉飛散が予想されます。飛散数予測は、都内で、約5、800個(前年比150%)と見込まれます。
昨年(2017年)関東全体での平均花粉飛散は例年の約0.6倍と少なったもの、都内(千代田区)の花粉数は3,948個と例年の0.9倍と、都心での花粉飛散は多い不思議な現象が起こりました。今春の都内で約5,800個という花粉予想数は、昨年の1.5倍になり、北関東では特に多く昨年の3倍をこえると予想される地域もあり、全体としては、「かなり花粉飛散の多い、手ごわい花粉シーズン」が来ると予想されます。

全国的に見ては、前年より多くなる見込みであり、東北南部から関東、東海にかけて花粉飛散量はかな多くなると予想されます。
これでの10年平均と比較しても、北陸で少なくなる地域があるもの、全国的に例年より多くなると予想されています。

pdf版を入手する

 

 

 

4月10日 寒い冬に逆戻りし、スギ3.1個、ヒノキ花粉1.2個でした。(2019.04.11更新)

 

都心でも昼間の最高気温が7℃と真冬に逆もどりし、関東の郊外で積雪が10cm、山間部では20cmとなり、季節は真冬になりました。

スギ花粉3.個、ヒノキ花粉1.2個、その他の花粉4.6個でした。

 

スギ、ヒノキ飛散後期となると、平地からの花粉飛散は終了しており、北関東や標高の高い地域の木から花粉が飛んでくると分析されています。今回の郊外の積雪で、スギ、ヒノキ林に雪が積もり、しばらくは冷蔵庫に入ったような状態になると言われています。今後の天候にもよりますが、この積雪で、残った花粉の飛散が遅れるかもしれませんが、どのくらい郊外のスギ・ヒノキ林に花粉が残っているかは、天候が回復してからの、花粉の飛散状況を見る必要があると言えます。

 

4月5日~7日の都内でのヒノキ花粉の大量飛散(5日252.5個、6日100.3個、7日104.0、個)は、環境省花粉観測システム【はなこさん】のリアルタイム・モニターを見ても、南関東を花粉の発生源と推測されました。花粉測定を長年している方より、この時期には、平地のヒノキ林は花粉飛散を終了していて、現在は標高の高い地域のヒノキ林から花粉が飛散して来たと分析でき、箱根や丹沢からの花粉が、強い風に乗って都心にまで飛散してきた可能性が高い。という意見をいただきました。

4-10-1 4-10-2

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME