メニュー

スギ・ヒノキ花粉情報

昨年(2017年)の気象は、東日本は天候が不順で、8月の日照時間が少なかったもの、7月は平均気温が高く、日射量が多かったことの影響をうけ、スギ・ヒノキの雄花の発育は良く、2018年春は、南関東でも「昨年よりかなり多い」花粉飛散が予想されます。飛散数予測は、都内で、約5、800個(前年比150%)と見込まれます。
昨年(2017年)関東全体での平均花粉飛散は例年の約0.6倍と少なったもの、都内(千代田区)の花粉数は3,948個と例年の0.9倍と、都心での花粉飛散は多い不思議な現象が起こりました。今春の都内で約5,800個という花粉予想数は、昨年の1.5倍になり、北関東では特に多く昨年の3倍をこえると予想される地域もあり、全体としては、「かなり花粉飛散の多い、手ごわい花粉シーズン」が来ると予想されます。

全国的に見ては、前年より多くなる見込みであり、東北南部から関東、東海にかけて花粉飛散量はかな多くなると予想されます。
これでの10年平均と比較しても、北陸で少なくなる地域があるもの、全国的に例年より多くなると予想されています。

pdf版を入手する

 

 

 

4月5日 気温が上がり強い南風が吹き、突然のヒノキ花粉の大量飛散が起こり、ヒノキ花粉は252.5個でした。(2019.04.06更新)

スギ花粉17.3個、ヒノキ花粉252.5個、その他の花粉116.5個でした。

 

昨日の予想通り、最高気温が22.5℃まで上がり、空気も乾燥し、強い南風が吹きました。

予想したとはいえ、その予想を上回る、『ヒノキ花粉の大量飛散』が起こりした。

 

環境省花粉観測システム【はなこさん】のリアルタイム・モニターを見ると、

朝9時頃より飛散数が増え、午後中、そして、夜にはさらに飛散数が増え、300個/㎥以上の花粉が飛散しているのが分ります。(参考:図、表)

 

4月に入り、晴れてもヒノキ花粉も減ってきて、もしかしたら、今年のヒノキ花粉もこのまま終息するかもしれない、でも、これからピークを迎えるかもしれないと思案している最中、『最高気温が22.5℃+乾燥+強い南風』の条件が揃い、おこるべくべくして起こった現象とは言えますが、

『大量のゲリラ花粉』とも言える、『ヒノキ花粉の大量飛散』が起こりました。

 

 ちょうど、3月22日に、スギ花粉の飛散が終わりかけたと思って安心し始めたころ、気温の上昇と強い風により、北関東から、突然、今シーズン最大飛散(スギ花粉が540.7個)が起こったのと同様に、

今度は、南関東(伊豆、静岡、神奈川)を花粉の発生源と推測される、『ヒノキ花粉の大量飛散』が起こりました。

 

この、『ヒノキ花粉の大量飛散』で、落ち着いてきた花粉症症状も一気に強くなる方が続出すると思われます。

 

ヒノキ花粉は、のどや眼のかゆみ、痛みを起こしやすく、咳喘息を発症する方もいます。

 

今後、しばらくはヒノキ花粉の飛散に注意が必要です。

2019-4-5-1 2019-4-5-3 2019-4-5-4 2019-4-5-2

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME