メニュー

【新型コロナウイルス感染拡大に対する処方箋FAX送付について: 2020年4月~】

新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大防止にため、クリニックでは、緊急の間のみ、処方箋FAX送付を実施します。

◎通常処方している舌下免疫療法、アレルギー治療、慢性副鼻炎治療で長期に同じ薬を必要とする場合のみとなります。
◆◆◆可能な薬剤リスト◆◆◆を参考にして下さい。

詳細はこちら☞

FAX送付用書類のダウンロードはこちら☞

◆2020年スギ・ヒノキ花粉情報
開始しました。(2020.1.1)

2020年花粉情報はこちら☞

◆季節性アレルギー性鼻炎に対する抗IgE抗体【ゾレア】(2020.1.18)

 

2019年12月よりこれまで、難治性の喘息、特発性の慢性蕁麻疹に対し適応のあったゾレア(オマリズマブ)が、重症の季節性アレルギー性鼻炎(スギ花粉症)に対して使用できるようになりました。実際にこの薬が使用できるのは、2020年の季節性アレルギー性鼻炎(スギ花粉症)のシーズンからです。

詳細はこちら☞

 

診療時間のご案内

受付時間

月・火・木・金:9:00~12:30・15:00~18:00

土:      9:00~12:30

(水曜・休日・祭日:休診)

新型コロナウイルス感染症対策について(2020.3.1)◆
クリニックでは、隔離スペースもなく、現在、検査も実施出来ません。
相談の際は、下記にご連絡をおねがします。
東京都:新型コロナウイルス感染症電話相談窓口:03-5320-4509
品川区:品川区保健所 03-5742-9105
港区:みなと保健所 03-3455-4461

 スマホからの診察順番受付(アイコール)

(2019年12月より、午前&午後順番受付可能と通常通りとなりました)

月・火・木・金:9:00~12:00・15:00~17:30

土:      9:00~11:30

(上記の時間内に、スマホ・PCより順番を受け付けることが出来ます。)

(自分の順番がすぎるとキャンセルとなります)

(現在の診察番号、待ち人数はアイコールより確認できます。)

 


 

2020年スギ・ヒノキ花粉情報 第1報 (2019年10月5日)

20201030 2020スギ花粉四足第1報 

梅雨明けが遅く7月末まで雨が多く、その反面8月初旬から猛暑となった2019年の夏の気候ですが、来年(2020年)のスギ・ヒノキ花粉飛散はどうなるのでしょうか?

詳細はこちら➡

 

 

2019年スギ・ヒノキ花粉情報

 

2019年花粉情報【総括

 

2019-5-28-1 最終

 

 ◆◆日々の詳細はこちら→

 

 ◆◆ある耳鼻咽喉科医による花粉情報2019はこちら→

 

bnr01 bnr02 bnr03

最新情報

12歳以下でも治療できるスギ花粉症に対する新しい舌下免疫療法薬【シダキュア】は2018年6月29(金)発売です!

詳細はこちら

 

ある耳鼻咽喉科医たちによるスギ花粉情報については、こちらから確認いただけます。

お知らせ

スギ・ヒノキ花粉情報を更新しました。 [2020.04.03更新]
2020年4月2(木) スギ花粉は7.1個、ヒノキ花粉17.9個、その他56.1個でした。
スギ・ヒノキ花粉情報を更新しました。 [2020.04.02更新]
2020年4月1(水) スギ花粉0個、ヒノキ花粉0個、その他0.6個でした
スギ・ヒノキ花粉情報を更新しました。 [2020.04.01更新]
2020年3月31日(火) スギ花粉は0.3個、ヒノキ花粉1.5個、その他7.3個でした
スギ花粉症とダニアレルギー性鼻炎を合併する方を対象とした治験のお知らせ(2018.8月で募集終了いた日ました。) [2018.07.31更新]
スギ花粉症とダニアレルギー性鼻炎を合併する方を対象とした治験の参加者を募集しています。ご興味のある方は以下に詳細を掲載しておりますので、ご確...
続きはこちら

当院で行っている治療

耳の病気
耳垢外耳道炎外耳道湿疹外耳道真菌症急性中耳炎滲出性中耳炎耳管狭窄症真珠腫性中耳炎、老人性難聴、耳鳴り、突発性難聴低音障害型感音性難聴、難聴

鼻の病気

鼻の症状(鼻水、くしゃみ、鼻づまり・鼻炎など)、鼻炎、アレルギー性鼻炎減感作療法急性副鼻腔炎慢性副鼻腔炎、鼻茸、鼻湿疹とおでき、鼻出血、鼻の腫瘍、鼻中隔弯曲症、嗅覚障害など

のど・口腔の病気

のどの症状 (のどの痛み・扁桃炎・ポリープなど)、扁桃周囲炎・膿瘍、急性咽頭炎・急性扁桃炎、 溶連菌感染症、口の中の症状(口内炎・舌痛症など)、味覚障害、舌炎

その他の病気

前庭神経炎、良性発作性頭位めまい症(BPPV)、耳下腺炎・顎下腺炎・いびき・睡眠時無呼吸症候群

ダイビング

補聴器

当クリニックで専門技師による補聴器作成相談ができます。

アレルギー疾患について

舌下免疫療法

セカンドオピニオン・溶連菌診断キット・インフルエンザ診断キットなど。
漢方治療の相談、スポーツドクターとしてのアドバイス、関連病院への連携もしております。

どうぞ、気軽にご相談ください。

 詳細については、診療コンセプトでご確認ください。

2018年花粉情報

昨年(2017年)の気象は、東日本は天候が不順で、8月の日照時間が少なかったもの、7月は平均気温が高く、日射量が多かったことの影響をうけ、スギ・ヒノキの雄花の発育は良く、2018年春は、南関東でも「昨年よりかなり多い」花粉飛散が予想されます。飛散数予測は、都内で、約5、800個(前年比150%)と見込まれます。
昨年(2017年)関東全体での平均花粉飛散は例年の約0.6倍と少なったもの、都内(千代田区)の花粉数は3,948個と例年の0.9倍と、都心での花粉飛散は多い不思議な現象が起こりました。今春の都内で約5,800個という花粉予想数は、昨年の1.5倍になり、北関東では特に多く昨年の3倍をこえると予想される地域もあり、全体としては、「かなり花粉飛散の多い、手ごわい花粉シーズン」が来ると予想されます。

全国的に見ては、前年より多くなる見込みであり、東北南部から関東、東海にかけて花粉飛散量はかな多くなると予想されます。
これでの10年平均と比較しても、北陸で少なくなる地域があるもの、全国的に例年より多くなると予想されています。     

2018年花粉情報

受付方法

受付方法について

  1. 受付時間に直接来院していただく方法と、
  2. オンラインによる順番受付があります。

①【直接受診される方】

従来通り予約なしで当日受診出来ます

午前 9:00~12:30まで

午後 15:00~18:00まで(土曜午前9:00~12:30のみ)

初診・再診とも受付けています。

②【パソコン・携帯より受付される方】

①パソコンよりの予約の場合、下記アドレスをクリックし、受付して下さい。

診療受付専用WEBページ

③携帯より予約の場合QRコードを読み込み、受付して下さい。

交通案内

〒141-0021
東京都品川区上大崎2-13-26 メイプルトップヒル5F
JR目黒駅から徒歩3分
大きい地図はこちら

診療時間

診療受付
9:00~12:30
15:00~18:00

※水曜は、慈恵医大アレルギー外来にて診療、学生指導のため休診です。

休診日:水曜日、土曜日午後、日曜日、祝祭日

紹介先・提携病院

当クリニックは、下記医療機関と緊密な診療連携を結んでいますので、入院や精密な検査が必要な際には、適切なタイミングでのご紹介が可能です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME