メニュー

スギ・ヒノキ花粉情報

昨年(2017年)の気象は、東日本は天候が不順で、8月の日照時間が少なかったもの、7月は平均気温が高く、日射量が多かったことの影響をうけ、スギ・ヒノキの雄花の発育は良く、2018年春は、南関東でも「昨年よりかなり多い」花粉飛散が予想されます。飛散数予測は、都内で、約5、800個(前年比150%)と見込まれます。
昨年(2017年)関東全体での平均花粉飛散は例年の約0.6倍と少なったもの、都内(千代田区)の花粉数は3,948個と例年の0.9倍と、都心での花粉飛散は多い不思議な現象が起こりました。今春の都内で約5,800個という花粉予想数は、昨年の1.5倍になり、北関東では特に多く昨年の3倍をこえると予想される地域もあり、全体としては、「かなり花粉飛散の多い、手ごわい花粉シーズン」が来ると予想されます。

全国的に見ては、前年より多くなる見込みであり、東北南部から関東、東海にかけて花粉飛散量はかな多くなると予想されます。
これでの10年平均と比較しても、北陸で少なくなる地域があるもの、全国的に例年より多くなると予想されています。

pdf版を入手する

 

 

 

5月1日 年号が令和へかわり、初日のスギ花粉は0個、ヒノキ花紛は0個、その他の花粉9.9個でした。(2019.05.01更新)

2019-5-1-1 2019-5-1-2令和初日、夜からの雨も朝にはやみ、日中には一度晴れたもの午後から再び雨となりました。気温は上がったものまとまった雨のせいか観測される花粉はすくなく、スギ、ヒノキ花粉とも0個、その他の花粉も少なく9.9個でした。

連休の後半、天気は回復し20℃をこえる予想ですが、ヒノキ花粉がどの位残っているか、見てゆく必要があります。

 

4月30日 スギ花粉は0.個、ヒノキ花紛は0.3個、その他の花粉5.9個でした。(2019.05.01更新)

平成最後の日は、雨で、日中一時やんだもの、夕方からは再び、まとまった雨量となりました。

環境省花粉観測システム【はなこさん】のリアルタイム・モニターで見ると、南よりの風が吹くことが多く雨のやんだ11時から19時頃にわずかの花粉が観測されています。

明日も雨の予報ですが、週の半ばより天気は回復し25℃の予想も出ています。

花粉飛散も終盤へきていることは間違いありませんが、今年は冬が暖かく、春の訪れが早かった割には、なかなか花粉飛散終了となりません。

 

昨年と比較すると、スギ花粉は、昨年が4162.0個、今年が本日までで、4867.8個と、今年の方が多く飛散しており、雨が降っては、その後に非常に多くの花粉が飛散して、症状の強くなる方の多いシーズンでした。

ヒノキ花粉は、昨年の飛数が3895,7個、今年は、本日までで、1328.3個と、今年の方が少ないことが分かりますが、

昨年は、観測史上最高の花粉飛散であったため、その翌年は、樹勢が弱まり、ヒノキ花粉は、今年激減すると予想したのに反し、予想外に多くのヒノキ花粉飛散となりました。これも、ヒノキ林が最も花粉をつける樹齢30年とったことと、スギとヒノキは植生が異なるのかもしれません。今後、ヒノキ花粉の飛散増大にも注意が必要と分析されます。

2019-4-30-1 2019-4-30-2

 

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME