メニュー

スギ・ヒノキ花粉情報

昨年(2017年)の気象は、東日本は天候が不順で、8月の日照時間が少なかったもの、7月は平均気温が高く、日射量が多かったことの影響をうけ、スギ・ヒノキの雄花の発育は良く、2018年春は、南関東でも「昨年よりかなり多い」花粉飛散が予想されます。飛散数予測は、都内で、約5、800個(前年比150%)と見込まれます。
昨年(2017年)関東全体での平均花粉飛散は例年の約0.6倍と少なったもの、都内(千代田区)の花粉数は3,948個と例年の0.9倍と、都心での花粉飛散は多い不思議な現象が起こりました。今春の都内で約5,800個という花粉予想数は、昨年の1.5倍になり、北関東では特に多く昨年の3倍をこえると予想される地域もあり、全体としては、「かなり花粉飛散の多い、手ごわい花粉シーズン」が来ると予想されます。

全国的に見ては、前年より多くなる見込みであり、東北南部から関東、東海にかけて花粉飛散量はかな多くなると予想されます。
これでの10年平均と比較しても、北陸で少なくなる地域があるもの、全国的に例年より多くなると予想されています。

pdf版を入手する

 

 

 

5月8日 スギ花粉は3日連続して0個、ヒノキ花紛は0.3個、その他の花粉37.3個でした。(2019.05.09更新)

スギ花粉は3日連続して0個、ヒノキ花紛は0.3個、その他の花粉37.3個でした。

スギ花粉は、3日連続して観測されませんでしたので、当測定地におけるスギ花粉飛散終了日は、55日となりました。

 

1988年からの観測で、スギ花粉の飛散終了が最も遅かったのは5月5日でしたので、本年は、これまでで最も遅い飛散終了日と同じ日(5月5日)になりました。

ヒノキ花粉はまだ、本日0.3日観測されていますから、飛散終了はもう少し先になると分析されます。

このスギ・ヒノキ花粉情報は、ヒノキ花粉飛散終了まで続けます。

 

『花粉飛散終了日』の定義は、

飛散終了期に、3日連続して、ダーラム法で0/2/日の観測数が記録された最初の日の前日と定義されています。 (『空中花粉測定と花粉情報標準化』委員会の基準)とされています。

2019-5-8-1 2019-5-8-2

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME