メニュー

2019スギ・ヒノキ花粉情報

昨年(2017年)の気象は、東日本は天候が不順で、8月の日照時間が少なかったもの、7月は平均気温が高く、日射量が多かったことの影響をうけ、スギ・ヒノキの雄花の発育は良く、2018年春は、南関東でも「昨年よりかなり多い」花粉飛散が予想されます。飛散数予測は、都内で、約5、800個(前年比150%)と見込まれます。
昨年(2017年)関東全体での平均花粉飛散は例年の約0.6倍と少なったもの、都内(千代田区)の花粉数は3,948個と例年の0.9倍と、都心での花粉飛散は多い不思議な現象が起こりました。今春の都内で約5,800個という花粉予想数は、昨年の1.5倍になり、北関東では特に多く昨年の3倍をこえると予想される地域もあり、全体としては、「かなり花粉飛散の多い、手ごわい花粉シーズン」が来ると予想されます。

全国的に見ては、前年より多くなる見込みであり、東北南部から関東、東海にかけて花粉飛散量はかな多くなると予想されます。
これでの10年平均と比較しても、北陸で少なくなる地域があるもの、全国的に例年より多くなると予想されています。

pdf版を入手する

 

 

 

5月28日 2019年スギ・ヒノキ花粉飛散 総括(2019.05.31更新)
過去30年のグラフを作成しました。     【2019年シーズン総括】 スギ花粉飛散総数  4,875.5個  スギ花粉飛散開始  2月12日  スギ花粉飛散終了 … ▼続きを読む

5月28日 ヒノキ花粉は連続4日観測されませんでした。(2019.05.30更新)
をスギ花粉0個、ヒノキ花紛は0個、その他の花粉38.9個でした。 今シーズン、ヒノキ花粉は史上最も遅い飛散終了(5月25日)となりました。   ◆この傾向は、全区的にみられる傾向である… ▼続きを読む

5月27日 ヒノキ花粉は連続3日観測されず、5月25日がヒノキ花粉終了日となりました。(2019.05.29更新)
  スギ花粉0個、ヒノキ花紛は0個、その他の花粉38.9個でした。 5月27日 ヒノキ花粉は連続3日観測されず、5月25日がヒノキ花粉終了日となりました。 当測定値で、観測史上最も遅い… ▼続きを読む

5月27日 スギ花粉0個、ヒノキ花紛は0個、その他の花粉17.9個でした。(2019.05.28更新)
ヒノキ花粉はついに2日連続0個でした。明日0個なら、25日が飛散終了日となります。 その他の花粉の中で最も多いのはマツでした。ついにヒノキ花粉も、今度こそ、花粉飛散に向けてカウントダウンに入ったよう… ▼続きを読む

5月26日 スギ花粉0個、ヒノキ花紛は0個、その他の花粉50.9個でした。(2019.05.27更新)
ヒノキ花粉はついに0個でした。今週も晴れて暑く、真夏日となる日もあるかもしれません。異常ともいえる気象ですが、いよいよヒノキ花粉飛散も終了に近づいているようです。 スギ花粉0個、ヒノキ花紛は0個、そ… ▼続きを読む

5月25日 スギ花粉0個、ヒノキ花紛は0.5個、その他の花粉58.5個でした。(2019.05.26更新)
 晴れて湿度も低く、さわやかな天候でした。ヒノキ花粉はまだ測定されます。平成に入ってから、ヒノキ花粉飛散終了が最も遅かったのは、5月21日でしたから、今年は、既に、それを更新しています。 … ▼続きを読む

5月24日 スギ花粉0個、ヒノキ花紛は0.5個、その他の花粉58.5個でした。(2019.05.26更新)
晴れて気温が上がる、最高気温が31.0となり真夏日となりました。 花粉データ更新が1日遅れたため、HPの更新が遅れご迷惑をおかけしました。 … ▼続きを読む

5月23日 スギ花粉0個、ヒノキ花紛は0.9個、その他の花粉39.8個でした。(2019.05.23更新)
まだヒノキ花粉の飛散は続いています。0.9個測定されています。 いつもでこの飛散は続くのでしょうか?  … ▼続きを読む

5月22日 スギ花粉0個、ヒノキ花紛は0個、その他の花粉25.0個でした。(2019.05.23更新)
昨日までの雨も上がり、穏やかに晴れ、初夏の様な陽気となりました。最高気温も25.2まで上がり、からっと湿度も低く、日本各地で夏日となりました。 今後、天気は安定し、連日晴れて湿度が低く、暑くなる予報… ▼続きを読む

5月21日 スギ花粉0.3個、ヒノキ花紛は1.9個、その他の花粉21.6個でした。(2019.05.22更新)
昨夜から豪雨となり、この雨は夕方には上がりました。  環境省花粉観測システム【はなこさん】のリアルタイム・モニターでは、花粉はほとんど観測されませんが、ダーラム法では予想外に多くの花粉が観測され、ス… ▼続きを読む

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME