メニュー

スギ・ヒノキ花粉情報

昨年(2017年)の気象は、東日本は天候が不順で、8月の日照時間が少なかったもの、7月は平均気温が高く、日射量が多かったことの影響をうけ、スギ・ヒノキの雄花の発育は良く、2018年春は、南関東でも「昨年よりかなり多い」花粉飛散が予想されます。飛散数予測は、都内で、約5、800個(前年比150%)と見込まれます。
昨年(2017年)関東全体での平均花粉飛散は例年の約0.6倍と少なったもの、都内(千代田区)の花粉数は3,948個と例年の0.9倍と、都心での花粉飛散は多い不思議な現象が起こりました。今春の都内で約5,800個という花粉予想数は、昨年の1.5倍になり、北関東では特に多く昨年の3倍をこえると予想される地域もあり、全体としては、「かなり花粉飛散の多い、手ごわい花粉シーズン」が来ると予想されます。

全国的に見ては、前年より多くなる見込みであり、東北南部から関東、東海にかけて花粉飛散量はかな多くなると予想されます。
これでの10年平均と比較しても、北陸で少なくなる地域があるもの、全国的に例年より多くなると予想されています。

pdf版を入手する

 

 

 

3月14日 花粉情報:晴れてスギ花粉は減少したもの、105.2個飛散しました。(2019.03.14更新)

スギ花粉105.2個、ヒノキ花粉11.7個、その他の花粉6.2個でした。

晴れても昨日とはうって代わり、寒い冬の気温に逆もどりし、スギ花粉は

それほど多くなく105.2個でした。ヒノキ花粉も確実に増え始め、11.7個でした。

 

環境省花粉観測システム【はなこさん】のリアルタイム・モニターを見ると、午前中は少なかったもの、13時より花粉は増加しています。週末には一度天気が崩れるもの、晴れの日が続き、引き続き多くの花粉が飛散してくると考えられます。

 

クリニックで多くの方が、花粉症症状が耐え切れないほど強い方が多くなっています。

皮膚のかゆみが強い方、また大量の花粉で、のどのかゆみや痛みの強い方、咳症状が強くなる方(咳喘息)など、

小児では、眼の充血が強い方、まぶた(眼瞼)がはれ上がる方などや、

症状は非常に強くなっています。

 

免疫療法(皮下免疫療法(SCIT)や舌下免疫療法(SLIT))をしている方は、程度に差はあるもの、症状の軽い方は、ほとんど花粉症症状を訴えずに、マスクもせずに楽に過ごしている方も見受けます。花粉の多い時ほど、免疫療法を実施している方は、未治療の方と比べて、症状に差が多く出るとも分析できます。

3-14-1 3-14-12

3月13日 花粉情報:良く晴れて気温も高くスギ花粉は、今シーズン2番目の大飛散で359.9個飛散しました。(2019.03.14更新)

スギ花粉359.9個、ヒノキ花粉13.6個、その他の花粉24.1個でした。

晴れて湿度も低く、春の陽気となりました。

予想通り、極めて多くの花粉が飛散し、3月8日の376.2個には僅かおよびませんが、今シーズン2番目の大飛散となりました。そして、ヒノキ花粉もまざり始め、13.6個でした

 

環境省花粉観測システム【はなこさん】のリアルタイム・モニターで見ると、

深夜から、本日夜遅くまで、ほぼ終日非常に多くの花粉が飛散しています。

今週末に一時天気は崩れますが、すぐ回復し、晴れて気温の高い日が続きます。

 

◆◆1.ある耳鼻咽喉科医による花粉情報 2019 第6報

https://nagakura-ac.com/ある耳鼻咽喉科医による花粉情報%e3%80%802019

を追加しました。まだ多くの花粉が残っているようです。

 

今がシーズンのピークの中にいると判断して間違いありません。連日の多いスギ花粉飛散で、クリニックに来院する方の、花粉症症状も非常に強くなっています。

最大限の防御が必要です。

3-13-1 3-13-2

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME