メニュー

耳管狭窄症

耳管狭窄症の症状

耳がふさがった、こもった、膜が張った症状(耳閉塞感)で気がつくことが多く、聞こえにくい(難聴)を訴えることもあります。
飛行機の離着陸の際、耳が痛くなったり、塞がった感じが残るのは、この耳管狭窄が原因で起こり、「航空性中耳炎」と呼ばれます。

診断

鼓膜を見ると、中耳腔が陰圧となっているため、鼓膜が内側にへこんでいる(内陥)状態が観察されたり、聴力検査や鼓膜の動きを調べる検査(チンパノメトリー)で病気の程度を確認することが出来ます。

原因

耳管は、耳(中耳)と鼻の奥(耳管咽頭口)をつなぐ管で、鼓膜の内側(鼓室内)の圧力を外の気圧をそろえる役割をしています。鼻やのどの炎症により耳管が腫れることにより、耳管がうまく働かなくなると、耳が詰まった感じ(耳閉感)や自分の声が大きく聞こえ、反響する(自声強調)などの症状を引き起こします。

 治療

耳管の腫れや炎症の原因を取り除くため、抗生剤、消炎剤、抗ヒスタミン薬などをまず、服薬します。 それでも改善しない場合には、鼻の奥から中耳に空気を送りこむ「耳管通気療法」をいう治療を行います。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME