メニュー

滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)

滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)について

鼓膜の奥の中耳という場所に滲出液という液体がたまる病気です。
耳とは鼻は「耳管」という管でつながっている、気圧の調整などをしています。
耳管が上手く働かないと、粘膜からしみ出てきた浸出液が中耳腔にたまってきます。
痛みがないため気がつきにくいことが多い疾患ですが、小児の難聴の原因としては最も多いもので、慢性化すると難治性になることがあり注意が必要です。

 症状

急性中耳炎と違い痛み、発熱がないため気がつきにくいいちい中耳炎で、難聴だけが唯一の症状の事がほとんどです。子供は自分からこの症状を訴えることは少なく、呼びかけても気がつかない、TVのボリュームを大きくするなどの症状で気がつくことも良くあります。

 診断

鼓膜を見ると、鼓膜を通して中耳にたまった液体を観察できることが多く、聴力検査や鼓膜の動きを調べる検査(チンパノメトリー)で病気の程度が確認することが出来ます。 

原因

原因の最も多くは、急性中耳炎になった後、中耳にたまった膿は炎症が治まると浸出液に変わってゆき、粘膜から吸収されたり耳管を通って耳からのどに排出されて治ってゆきます。ところが、中耳の粘膜の炎症と耳管の働きの低下があると、粘膜からしみ出た滲出液が中耳腔にたまるようになると考えられています。

子どもでは3歳ごろから10歳ごろまでに多くみられます。子どもの難聴の原因では一番多いものです。また、急性中耳炎にならなくても、鼻やのどに炎症があったり、子供ではアデノイドが大きいため、耳管に炎症を起こしたりして機能できないため、また、大人でも風邪をひいていた後に、滲出性中耳炎になることがあります。

治療

耳や鼻の炎症を改善してゆくことにより耳管の働きを正常にすることにより、まず、消炎剤、抗ヒスタミン薬などの内服による治療をはじめ、中耳腔にたまった液体を排出してゆくようにします。難聴が強かったり、鼓膜が内側に引っ張られ癒着しそうな場合、鼓膜切開をして液体を排出させます。鼻から耳に空気を送り込む「通気」、子供の場合には、「」ポリツェル通気」(ラッパ、ガッコウといいながらゴム球で空気を送り込む方法)を外来で行うこともあります。滲出性中耳炎の状態が長くなると、中にたまった液体は粘性が強くなり抜けにくく、難聴の程度も強くなるため、鼓膜にチューブを入れる(チュービング)手術が必要な場合もあります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME