メニュー

外耳道湿疹

外耳道湿疹の症状

耳の穴の入り口付近に皮膚が、ガサガサしたり、ただれたり、じくじくしてくる状態をいい、かさぶたになって直ってゆきます。皮膚に刺激が加わり炎症をおこしてくることにより起こります。

治療

抗生剤やステロイドの軟膏を塗ることで通常良くなります。奥まで湿疹が広がっている場合には、ステロイドの入った点耳薬を使用することもあります。

外耳道湿疹は、外耳道の皮膚の「バリヤー機能」が落ちているために起こりやすくなります。かゆみがなくなっても、外耳道皮膚のバリヤー機能が正常に戻るまで治療を止めないことが大切です。そのため、比較的長めにステロイド軟膏やc消炎剤の軟膏やステロイド点耳薬を使用します。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME