メニュー

3月14日 花粉情報:晴れてスギ花粉は減少したもの、105.2個飛散しました。

[2019.03.14]

スギ花粉105.2個、ヒノキ花粉11.7個、その他の花粉6.2個でした。

晴れても昨日とはうって代わり、寒い冬の気温に逆もどりし、スギ花粉は

それほど多くなく105.2個でした。ヒノキ花粉も確実に増え始め、11.7個でした。

 

環境省花粉観測システム【はなこさん】のリアルタイム・モニターを見ると、午前中は少なかったもの、13時より花粉は増加しています。週末には一度天気が崩れるもの、晴れの日が続き、引き続き多くの花粉が飛散してくると考えられます。

 

クリニックで多くの方が、花粉症症状が耐え切れないほど強い方が多くなっています。

皮膚のかゆみが強い方、また大量の花粉で、のどのかゆみや痛みの強い方、咳症状が強くなる方(咳喘息)など、

小児では、眼の充血が強い方、まぶた(眼瞼)がはれ上がる方などや、

症状は非常に強くなっています。

 

免疫療法(皮下免疫療法(SCIT)や舌下免疫療法(SLIT))をしている方は、程度に差はあるもの、症状の軽い方は、ほとんど花粉症症状を訴えずに、マスクもせずに楽に過ごしている方も見受けます。花粉の多い時ほど、免疫療法を実施している方は、未治療の方と比べて、症状に差が多く出るとも分析できます。

3-14-1 3-14-12

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME