メニュー

2018年5月4日花粉情報【ヒノキ花粉が3日連続して0個となり、5月1日が当観測地のヒノキ花粉飛散終了日となりました。】

[2018.05.05]

スギ花粉0.6個、ヒノキ花粉0個、その他の花粉47.2個でした。

累積スギ花粉4162.0個、ヒノキ花粉3896.0個、その他の花粉9140.0個。

 

晴れて気温も上がり、南風が強く吹きましたが、ヒノキ花粉は測定されず、5月2日より3日連続して花粉が観測されませんでしたので、5月1日が、当観測地におけるヒノキ花粉飛散終了日となります。昨年(2017年)は、5月11日でした。

 

ヒノキ花粉は、飛散総数が極めて多かった割には、早め、それでも、大体例年並みの飛散終了となりました。3月~4月に天候が良く、気温が高かったため、木に着いた花粉は連日開花し、早めに飛び終わった様に思われます。

なにはともあれ、今年のスギ・ヒノキ花粉シーズンは終了です。

 

【シーズン総括】

1.スギ花粉飛散開始は、2月10日と例年並みでした。

 ヒノキ花粉飛散開始3月1日とやや早めでした。

2.スギ花粉飛散総数は、4162.0個

 ヒノキ花粉飛散総数は、3895,7個

総数8157.7個、ヒノキ花粉のスギ花粉に対する割合、93.6%とヒノキ花粉の極めて多い飛散となりましたスギ花粉飛散終了は、4月26日と例年並みでした。

3.スギ花粉飛散終了は、4月26日と例年並みでした。

 ヒノキ花粉飛散終了5月1日と例年並みでした。

4.シーズン飛散総数が、8000個を越え、シーズン前の予想、3700から4500個/cm2(私の予測5800個)をはるかに超えた大量飛散(観測史上で3番目)でした。

 そして、何より、ヒノキの超大量飛散(観測史上で1番目)となりました。

5.花粉症症状は、極めて大量の花粉が短期に集中したため、非常に症状の強い大変なシーズンでした。

6.ヒノキ花粉の異例な大量飛散の原因は、専門家の分析を待ちたいと思います。

(個人的には、3月~4月の天候が良く、ヒノキ花粉は、冬眠から覚めた春に花粉が成長するため、雄花の花粉量が多くなり、気温が高く、雨が少なかった為、

多く飛散したと分析します。)

 

 

 

 

 

                【終わりに】

「喉元過ぎれば熱さを忘れる」ということわざがありますが、今年の花粉症は症状の強く大変な方が多かったと思いますが、多くに方は、シーズンが終われば、また忘れてしまうと思います。

 

花粉症症状を軽症にする方法として、症状の出る前から対症療法の薬をシーズンが終わるまで使用し予防する『初期療法』があります。しかし、これは、抗ヒスタミン薬や点鼻薬を、花粉飛散前からずっと、人によっては3~4か月使用し続ける方法ですが、花粉症が治っているわけではありません。

 

現在、唯一、花粉症を根本的に改善してアレルギー体質を治してゆけるのが『免疫療法』です。

約100年前から注射による皮下免疫療法(SCIT)がおこなわれてきましたが、ヨーロッパを発信源として、30数年前から注射にかわり、舌の下に治療ワクチンを、1~2分置いておくだけの舌下免疫療法(SLIT)は開発されてきました。

 

我が国でも、スギ花粉症の薬が4年前(2014年10月)から保険適応となり、2018年には、12歳以下の小児も服薬出来る錠剤が発売予定(6月下旬)となりましした。

ダニ舌下免疫療法(SLIT)の治療薬も、3年前(2015年11月と12月)から保険適応となり、2018年2月から12歳以下でも服薬可能となり、またその両者を併用することも可能です。

(クリニック通信 VOL73(2018 年 4 月 18 日)・https://nagakura-ac.com/wp-content/uploads/2018/04/cf601ce78b7f71fea323063fae13b7b7.pdf

クリニックでの治療実績や治療方法も説明しています。是非、参考にして下さい。

(クリニックHP:舌下免疫療法:https://nagakura-ac.com/舌下免疫療法

 

この花粉情報が、花粉症の方、当クリニックでスギ花粉舌下免疫療法を実施している方、医療関係者、気象予報士や花粉情報にたずさわる方、研究者やメディアの方などの役に立てることを切望いたします。

 

とうきょう花粉ネット』は、2018年春を持って配信終了が決定しています。

花粉情報の発展のためには、後戻りする事実ですが、システム存続が出来ないという理由のようです。

環境省も独自の花粉予測を2年目ほど前から中止し、民間に委託しています。

このような状況下、是非、今後、より良い花粉情報の実現を切望し、今後も、出来る限りこの花粉情報を公表してゆく決意です。

(最後に、過去30年以上、ダーラム法により毎日花粉を顕微鏡で観察し、観測結果を深夜配信してくださったDr、Endo.M.D.に心より敬意を表するとともに深謝いたします。お疲れさまでした。)

 

 

20180504-1 20180504-2

 

 

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME