メニュー

スギ・ヒノキ花粉情報

2020年の夏の気候は、梅雨明けが遅く7月末まで雨が多く気温も低く日射量が非常に少なく記録的な冷夏でしたが、その反面8初旬から記録的な猛暑となりましたが、今年(2021年)のスギ・ヒノキ花粉飛散はどうなるのでしょうか?

2021年花粉飛散予測◆(ダーラム法・都内)

飛散数

2021年は、東京都内で少なかった昨年より多い花粉が飛散すると予想されています。
前年の気象条件、樹勢、着花量より分析して、当測定地(品川)の昨年(2020年)の2,467個より増加して、最近10年平均の5,000個より少ないと分析されています。

東京都内(品川区)のスギ・ヒノキ総飛散量

飛散総数で約3,700個(3,000~4,500個)

東京都内(品川区)の飛散総数

スギ花粉3、200個、

ヒノキ花粉500個・

と予想しています。

飛散開始日

1月~2月の気候が例年並みかやや低めに確率が高いため、冬の低温にされされれば覚醒が早くなることも考慮すると、例年より早くなると予想され、例年通り2月10日すぎと予想されます。

(飛散開始日とは、1㎠に1個以上の花粉が連続観察された初日と定義されています。)

花粉症の日次コンテンツは下記よりご覧いただけます

※毎年年始過ぎより開始いたします。

2月2日(火) スギ花粉0個、ヒノキ花粉0個、その他の花粉0.6個でした。(2021.02.03更新)

朝方までの雨も上がり、気圧配置が変わり南風が入り、気温も15.6℃まで上がり、スギ花粉が飛散していると予想しましたが、スギ花粉0個、ヒノキ花粉0個、その他の花粉0.6個(0.6個はハンノキ属)でした。

ハンノキは、スギ花粉より早く飛散を開始し、1月から6月頃まで飛散が見られる、ブナ目に属する日本全国に見受けられる樹木です。スギ花粉症の方の約20%がハンノキにもアレルギーを持つとのデータもあり、

口腔アレルギー症候群(OAS):りんご、モモ、ナシ、ビワ、サクランボ、イチゴ、豆乳などの摂取後、口の中のかゆみ、腫れ、違和感を持つなど症状を持つことが多く、この時期の花粉症症状はハンノキが原因かもしれません。血液のアレルギー検査で陽性が分ります。

今週も、最高気温の高い日が続き、着実に積算温度が上がります。積算気温は、本日は348.2度となりました。積算気温からは、2月12日ころの飛散開始と予想されますが、気温も高い日が続くと飛散も早まりそうです。

花粉数のグラフ☞

飛散数の表☞

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME