メニュー

スギ・ヒノキ花粉情報

昨年(2017年)の気象は、東日本は天候が不順で、8月の日照時間が少なかったもの、7月は平均気温が高く、日射量が多かったことの影響をうけ、スギ・ヒノキの雄花の発育は良く、2018年春は、南関東でも「昨年よりかなり多い」花粉飛散が予想されます。飛散数予測は、都内で、約5、800個(前年比150%)と見込まれます。
昨年(2017年)関東全体での平均花粉飛散は例年の約0.6倍と少なったもの、都内(千代田区)の花粉数は3,948個と例年の0.9倍と、都心での花粉飛散は多い不思議な現象が起こりました。今春の都内で約5,800個という花粉予想数は、昨年の1.5倍になり、北関東では特に多く昨年の3倍をこえると予想される地域もあり、全体としては、「かなり花粉飛散の多い、手ごわい花粉シーズン」が来ると予想されます。

全国的に見ては、前年より多くなる見込みであり、東北南部から関東、東海にかけて花粉飛散量はかな多くなると予想されます。
これでの10年平均と比較しても、北陸で少なくなる地域があるもの、全国的に例年より多くなると予想されています。

pdf版を入手する

 

 

 

2月7日 花粉情報 いよいよスギ花粉シーズンが始まりそうです!(2019.02.08更新)

 

スギ花粉4.0個、ヒノキ花粉0個、その他の花粉0.3個でした。

気温が上がりスギ花粉が4.0個と急増しました。

明日は最高気温が8.0℃と予想され、土曜は雪の予報も出ています。冬へ逆戻りですが、

今年のスギ花粉シーズンは、まさに始まりかけています。

 

明日、もしスギ花粉が1.0個以上飛散すれば、2月7日が、当観測地での飛散開始となります。

 積算温度も、昨日までで、406.4℃となり、当観測地の平均が440℃ですから、もうすぐ、

飛散開始と判断して間違いないと思われます。

 

【ある耳鼻咽喉科医による花粉情報 2019】

今年も、例年スギ花粉の着花状態を定点観測している先生からのスギ花粉情報を好意より公表いたします。

今年の花粉情報としてお役立て下さい。

 

1.ある耳鼻咽喉科医による花粉情報 2019 第1報

https://nagakura-ac.com/ある耳鼻咽喉科医による花粉情報%e3%80%802019

2.7-1 2.7-2

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME