メニュー

スギ・ヒノキ花粉情報

昨年(2017年)の気象は、東日本は天候が不順で、8月の日照時間が少なかったもの、7月は平均気温が高く、日射量が多かったことの影響をうけ、スギ・ヒノキの雄花の発育は良く、2018年春は、南関東でも「昨年よりかなり多い」花粉飛散が予想されます。飛散数予測は、都内で、約5、800個(前年比150%)と見込まれます。
昨年(2017年)関東全体での平均花粉飛散は例年の約0.6倍と少なったもの、都内(千代田区)の花粉数は3,948個と例年の0.9倍と、都心での花粉飛散は多い不思議な現象が起こりました。今春の都内で約5,800個という花粉予想数は、昨年の1.5倍になり、北関東では特に多く昨年の3倍をこえると予想される地域もあり、全体としては、「かなり花粉飛散の多い、手ごわい花粉シーズン」が来ると予想されます。

全国的に見ては、前年より多くなる見込みであり、東北南部から関東、東海にかけて花粉飛散量はかな多くなると予想されます。
これでの10年平均と比較しても、北陸で少なくなる地域があるもの、全国的に例年より多くなると予想されています。

pdf版を入手する

 

 

 

2月3日 花粉情報(2019.02.03更新)

本日も良く晴れ暖かくなり、次第に春の訪れが近づいていることを感じさせます。

スギ花粉0.3個、ヒノキ花粉0個、その他の花粉0個でした。

明日は、春の陽気になり、朝方から強い南風が吹き“春一番”が吹くかもしれません。

春一番”とは、厳密には、立春から春分までの間に、日本海を進む低気圧に向かって、南側の高気圧から10分間平均で風速8m/s以上の風が吹き込み、前日に比べて気温が上昇することを発生条件となってます。

2019年は2月4日が、まさに“立春”です。

明日、スギ花粉が多く飛散してくる可能性は大ですが、

「花粉の飛散開始」とは、1平方センチメートルあたり、1個以上のスギ花粉が2日続けて観測された最初の日】となっています。

明日、飛散開始となるかは、まだ分かりません。

品川区でこれまで、最も早かった飛散開始は、測定者のデータを引用させていただきますと、平成26年(2014)の2月3日で、最も遅い開始は平成6年(1994)の2月28日でした。

 

しかし、花粉対策を早める必要が出てきました。

2.3-1 2.3-2

2月2日 花粉情報(2019.02.03更新)

スギ花粉0.6個、ヒノキ花粉0個、その他の花粉0個でした。

晴れて最高気温も12.3℃まで上がり、スギ花粉は次第に測定される日が多くなり、0.6個でした。1月の積算温度は。328.0℃となりました。

これまでの観測結果によると、都内では、積算温度が400℃を越えると、そろそろ飛散開始となり始め、当測定地での飛散開始は、これまでの平均が440℃でした。

今後、気圧配置が変わり天候は崩れるもの、南寄りの風が吹き気温が4月ころの気候となる予報です。

例年、花粉の飛散開始は南関東からの花粉が、気温の上昇や、強い南風(春一番)によって、都心まで花粉が到達することによって始まることが多く、現時点では、積算温度が、昨日で328.0℃であることを考えると、急に飛散開始となる可能性は低いもの、スギ花粉シーズンは直前まで来ていると判断されます。わずかの花粉飛散で症状を感じる方、例年症状の強い方は、すぐに、初期療法を開始して下さい。

2-1 2-2

 

 

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME