メニュー

アレルギーの最新治療

アレルギー専門医の立場から、アレルギー疾患を、ただ単に、治療薬で症状をおさえるだけでなく、体に起こっているアレルギー反応を総合的にとらえ、その発症をいかに予防し、症状の発現を抑制し、アレルギー疾患を免疫的に治療・コントロールできるような治療法確立したいと、思っております。

 喘息・アトピー・アレルギー性鼻炎も、それぞれが、別の病態ではなく、それぞれは、お互いに関係し、症状の発現・増悪に関連しており、幼少に時期の喘息・アトピーなどの既往のある場合には、将来、アレルギー性鼻炎などに発症しやすい素因を持つと考えられ、また、現在、アレルギー性鼻炎の症状のあるひとは、将来、他のアレルギー疾患になりやすい状態にあると考えられています。

 そのために、現在、新しい免疫療法のとして、ペプチド療法・経口減感作・抗IgE抗体・花粉症緩和米・DNAワクチンなどが、研究されています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME