メニュー

アレルギーとは?

体には、免疫というメカニズムがあり、一度ある疾患にかかると、もう二度とかからなくなります。これを、免疫があると言います。
生体内に、抗原(細菌・ウィルス・異物など)が入ってくると、生体はこれを認識して、抗体を産生します。そして、再度、同じ抗原が、体内に侵入すると、この抗原は、それぞれの抗体と、特異的に、抗原抗体反応という免疫反応を引き起こします。
この反応が、生体にとって不利益に働いた場合、これをアレルギー反応と呼び、身近なとこで、アレルギー性鼻炎・スギ花粉症・アトピー性皮膚炎・喘息・蕁麻疹などの病態を引き起こしています。

アレルギー一般へ

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME