to HOME
プライバシーポリシー サイトマップ お問い合わせ HOME
ごあいさつ 診療コンセプト ながくらクリニック通信 診療案内 院長プロフィール 病気知識 アレルギーについて ダイビング 独り言 リンク
当クリニックからのお知らせ(診療内容・病気のトピック・臨時休診日など)です!
2007年スギ花粉情報
@ スギ花粉情報(続報2)
 春分もすぎ、スギ花粉の飛散数も大分落ち着いてきたようです。2月の平均気温が高く雨の日も数える位しかなかったため、花粉飛散が集中し、鼻症状が強くなりやすい傾向が認められましたが、ここに来て寒気が入り例年並みの気温となったため、花粉数もそれほど多くはなりません。今後は、関東北部より北―北西の風に運ばれ、集中した時間に花粉数の増加することがあります。リアルタイムの花粉情報を見ると良く分かります。
(環境庁はなこさん:http://kafun.taiki.go.jp/
(東京都花粉状況:http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kanho/kafun/index.html
A 今後の花粉飛散について
 現時点では、例年の飛散パターンより判断すると、スギ花粉はピークを超え減少してきていると判断できます。
 しかし、まだ、東京郊外のスギの木にも花粉が残っているのが観察され、条件がそろえばまだ花粉の多い日があるます。
(花粉観察ライブ:http://blog.livedoor.jp/melissos/
B ヒノキ花粉飛散について
 2月中旬から、例年より早めにヒノキは観察される傾向にありましたが、気温が一度下がり現在まだ増加していませんが、今後3月下旬から4月に入り花粉数が増加し、4月下旬から5月連休すぎまで飛散が認められることがあります。花粉総数は都内では、スギ花粉の15-20%位ですが、花粉数の少ないのに、臨床症状が強いことがあるので注意して下さい。(スギ花粉症の方の約70%はヒノキを合併しています。)
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-13-26 メイプルトップビル5F 電話:03-6303-5710 E-mail:allergy@nagakura-ac.com
to Page Top