to HOME
プライバシーポリシー サイトマップ お問い合わせ HOME
ごあいさつ 診療コンセプト ながくらクリニック通信 診療案内 院長プロフィール 病気知識 アレルギーについて ダイビング 独り言 リンク
当クリニックからのお知らせ(診療内容・病気のトピック・臨時休診日など)です!
Vol.48(2013/7/23)
『ダイビングによる障害・第二報』
1.ダイビングとアレルギー・耳鼻咽喉科疾患
2.ダイビングと減圧症(含トピックス)
ダイビングによる障害 初めに
1.ダイビングの障害とアレルギー性鼻炎の関係 ダイビングによる障害とアレルギー性鼻炎の有無(n=107)
ダイビングによる障害の種類(n=100)
ダイビング障害のケース
鼓膜穿孔を自覚して浮上した例 ダイビングによる鼓膜穿孔・耳漏の例
海外で耳抜きできず耳閉感にて来院した例 ライセンス習得後初回のダイビングで、耳抜きができず感音性難聴をきたした例
ダイビング初日、神経症状を認めるが潜り、翌日飛行機搭乗により生じた内耳型減圧症 スキンダイビングによる感音性難聴(外リンパ漏疑い)の症例
ダイビングと耳鼻咽喉科疾患 ダイビングの絶対的禁忌
2.減圧症について 減圧症により緊急医療を受けるダイバー増加
減圧症の罹患患者数 減圧症の症状
減圧症の予防 減圧症の治療
高気圧酸素治療の効果を下げる因子 安全停止・浮上速度
低気圧環境(飛行機搭乗・陸路の高所移動)の減圧症に及ぼす影響について 低気圧環境が減圧症に与える影響
伊豆半島輸送ルートの高度 減圧症患者の輸送プラン
ちょっとひと休み!深さへの挑戦!
『減圧症発生を予防するには! 』
ダイブ・コンピューターの使用法の注意 窒素残留量の見方
ダイブ・コンピューターの功罪 潜水深度・時間による 新しいダイブ・コンピューターの表示の差
潜水深度・時間による残留窒素量の差異 反復潜水における残留窒素量の差異
新しいエアエンリッチド・エア/ナイトロックス 減圧症を減らすために エンリッチド・エア(Enriched Air)と ナイトロックス(NITROX)エンリッチド・ エア(Enriched Air)とナイトロックス(NITROX)
エンリッチド・エアの特徴 エンリッチド・エアーによる残留窒素量の減少
総括
【参考資料】
◎今回の原稿を終わるにあたり、多くのダイビングに関するWEB資料を参考とさせていただき、説明に使用させていただきました。

①DAN JAPAN( http://www.danjapan.gr.jp/
②PADI( http://www.padi.co.jp/
③TUSA:減圧症予防を知ろう( http://www.tusa.net/genatsu/index.html
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-13-26 メイプルトップビル5F 電話:03-6303-5710 E-mail:allergy@nagakura-ac.com
to Page Top