to HOME
プライバシーポリシー サイトマップ お問い合わせ HOME
ごあいさつ 診療コンセプト ながくらクリニック通信 診療案内 院長プロフィール 病気知識 アレルギーについて ダイビング 独り言 リンク
当クリニックからのお知らせ(診療内容・病気のトピック・臨時休診日など)です!
2008年スギ花粉最新情報A
 先日、関東耳鼻咽喉科アレルギー懇話会(2008.1.20)が開かれ、NPO花粉情報協会、気象情報支援センターより、最新の分析結果が報告されました。

特徴としては、

@スギ花粉飛散総数は、昨年の約2倍〜3倍(都内)
A飛散開始は、2月5日〜7日ごろと例年より早い予想。
B飛散開始より短期間で飛散数が増加する傾向
C症状の重症化する期間が長い
Dヒノキ花粉が多い。

事が、報告されました。

 さらに、気象条件としては、2月-3月は暖冬気味かつ雨量も少なめの予測であるため、この影響受け、花粉数、30個以上の(多い)が、30日を超え、また50個以上の(非常に多い)日が、3週間を超える可能性が高くなる傾向も報告されました。

 このことは、絶え間なく、花粉が飛散することにより、花粉症症状が重症化しやすいシーズンになりそうと判断されます。

 ここ2年間花粉が例年より少なかったこともあり、症状の軽度であった方も、今年は、早期からの、十分な対策・治療をしていただければと思います。

(また、東京都では、花粉予報のメール配信を2月1日から開始しますので、配信登録を現在受け付けています。興味ある方は、他の花粉情報とともに、参考にしていただければと思います。参考WEB@)

 また、スギ花粉飛散直前に花粉を飛散する、ハンノキも飛散を開始したようです(花粉観察ライブ参考WEBAによると、1月15日)。このことは、1月中―下旬の冷え込みがされば、確実に、急激な花粉増加も起こりえると判断しています。
花粉症の方は、是非、早めの対策・治療をお勧めします。

参考WEB.
@東京都の花粉情報:http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kanho/kafun/index.html
A花粉観察ライブ:http://blog.livedoor.jp/melissos/
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-13-26 メイプルトップビル5F 電話:03-6303-5710 E-mail:allergy@nagakura-ac.com
to Page Top