to HOME
プライバシーポリシー サイトマップ お問い合わせ HOME
ごあいさつ 診療コンセプト ながくらクリニック通信 診療案内 院長プロフィール 病気知識 アレルギーについて ダイビング 独り言 リンク
当クリニックからのお知らせ(診療内容・病気のトピック・臨時休診日など)です!
【はじめに】

★2008年は大量のスギ・ヒノキ飛散が予想されます。


@都内における花粉飛散総数
 スギ花粉飛散総数は、約3000個/cm2/シーズン、これに加えてヒノキ花粉は、400-500個/cm2(スギ花粉の約15-20%)が予測されています。また、スギ・ヒノキの抗原共通性・遺伝子により、約70%の人が両方の花粉症を合併します。
A飛散時期
 一般に、スギ花粉は2月より飛散を開始し、4月中旬頃までヒノキ花粉は3月中旬より増加し、5月連休すぎまで飛散します。

 これは、飛散数の少なかった昨年の約2倍、過去10年間の平均値とほぼ同じ程度ですが、シーズンのスギ花粉総数が、1,000個、あるいは、1日に50-100個/ cm2を超えると、スギ花粉症の方は、未治療である場合かなり症状が強くなる可能性が強く、特に症状が強く出やすい方には、治療薬でも症状を抑えきれなくなる可能性もあると言えます。
B飛散開始日
 飛散開始日は、当初、2月10日から20日前後と予測されていますが、今年に暖冬になる可能性が高いことを考慮すると、これより早くなる可能性が高いとも判断します。
C花粉症対策
<予防的治療>

 花粉飛散の開始する1-2週間前、すなわち1月中旬から遅くとも下旬までには、症状を強く出さないため抗アレルギー薬の内服等を使用しはじめてください。

(参照:スギ・ヒノキ花粉数:慈恵医大耳鼻咽喉科アレルギー研究班による)

D2008年スギ花粉症対策 Q&A 
【はじめに】 @治療法 1 A治療法 2
B症状について C生活の注意点 1 D生活の注意点他 2
Eアレルギーの免疫治療 Q&A 
E減感作療法Q&A @ F減感作療法Q&A A
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-13-26 メイプルトップビル5F 電話:03-6303-5710 E-mail:allergy@nagakura-ac.com
to Page Top